いざという時のために、防災便利グッズをチェックしておきましょう。

2015年11月12日

防災のための便利グッズ!

日本では近年、火山と地震、そして
天候による災害と過去に例のない被害が頻発し、
防災に対する意識は年々高まっています。

起こってしまってから準備しても始まらない防災対策には、
やはりふだんから防災グッズを準備しておくことが大切です。


その中でもさまざまなアイディアを
盛り込んだ、便利グッズをご紹介いたします。



1.リュックタイプの防災セット「非常用持ち出し袋」
多数の会社から種類も豊富に出ている災害時の非常用持ち出し袋。
値段や大きさ、会社によって内容はまちまちですが、
おおむね以下のようなアイテムが収納されています。

・非常持ち出しリュック・手回し充電ラジオライト・
緊急モバイルチャージャー(マイクロUSB付)・小型LEDランタン・
単3電池・カンパン・えいようかん・カロリーメイトロングライフ・
保存水・非常用給水バック・携帯用トイレ・トイレの凝固剤・
ポリ袋・3M防じんマスク・スモークシャットアウト・カイロ・
エマージェンシー3点セット(軍手、笛、ロープ)・
冷熱遮断エアーマット・レスキュー簡易寝袋・歯ブラシ・
レインコート(男女兼用1組)・レスキューシート・ポケットティッシュ・
ウェットティッシュ・三角巾・エイドクルー9点/爪切り・
エチケットハサミ・耳かき・毛抜き兼ピンセット・爪ヤスリ・
キズテープM×3・カラー綿棒×10・ワンタッチ包帯・コットンパフ×3、

このような内容となっていますので、
家族の人数分準備しておくとよいでしょう。


2.災害時に使えるマルチライト
停電時に1,2台あると大変助かる光源です。
機能は以下のようなものがあります。

・懐中電灯として、デスクライトとしても使用できるマルチライト。
・ソーラー/手回し発電機能付で電源がなくても電池不要
(ソーラー充電/手回し充電/USBバスパワー充電)
・スマートフォン&携帯電話等の充電が可能な外部出力機能
・FMラジオ
・大音量サイレン
・バッテリー残量計付き


3.ブルーシート
・プライバシー確保の目張り
・風、日光、雨除け
・雨漏り対策
・テント
・担架
・寝袋など使い方は多様。


4.スマホ、携帯用ー外付けバッテリー

5.ワンタッチで開く簡易テント
プライバシー対策におすすめです。 

6.トイレの凝固・消臭剤

備えあれば憂いなし。今は使わなくてもぜひ準備しておきましょう。


posted by 防災便利グッズのプロ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。